本日は市立中央図書館で「スペシャル対談 吉村萬壱×津村記久子 小説がうまれるとき」に参加。思ってたよりもエエ加減で楽しいトークの連続でした。「ボラード病」早く読まねば!

 005 『さらば、愛の言葉よ』 シネマート心斎橋 評価不能 おぉ〜、林屋亭小虎の言葉を借りれば「一行たりとも理解できねぇ…」という感じですが、69分やったので全然退屈やなかったです。

 017 個人的には、ロードムービー的要素が溢れた上巻が圧倒的に好みではある… ★★★★

怒りの葡萄〔新訳版〕(下) (ハヤカワepi文庫)

怒りの葡萄〔新訳版〕(下) (ハヤカワepi文庫)

 016 読んでてちっとも古くさい感じがしないのは、マッカーシーでおなじみの黒原さんの手柄? この翻訳のために初めて読んだと告白されてるとこも素敵♪ ではでは下巻へ… ★★★★☆

怒りの葡萄〔新訳版〕(上) (ハヤカワepi文庫)

怒りの葡萄〔新訳版〕(上) (ハヤカワepi文庫)